派遣社員は消費者金融を利用できる?

派遣社員は消費者金融を利用できるのでしょうか?

 
派遣社員の方でも問題なく消費者金融を利用することは出来ます!
消費者金融では、正社員でなくても一定の安定した収入があれば、派遣社員でもアルバイトでもパートでも利用できます。

派遣の方でも、同じ派遣先に1年以上務めている方もいらっしゃいますし、幾つもの派遣先を数日間で変わっていく方もいらっしゃいます。どちらも、安定した収入が派遣会社から給与として振り込まれていれば、毎月の収入に多少の変動があっても大丈夫です。

正社員と違って、派遣社員の方の場合、勤務先は派遣会社と派遣先のふたつがあります。
あまり顔を出すことのない派遣会社と違い、派遣先は毎日出勤し、電話の対応もすることが多いとしたら、消費者金融に申込む際に派遣先を勤務先として記入するかもしれません。実はこれ、少なくないそうです。

理由はいくつかありますが、勘違いしている方もいれば、実は意図的にそうしている方もいらっしゃるようです。
派遣会社と違って、派遣先は割りと大きめの企業だったりすることが多いです。勤務先が少しでも名の知れた企業だと、審査もすんなり通ったり、多くの借入れが期待できると考えてしまうようです。
ですが、審査で勤務先を確認する在籍確認というものがありますので、登録し、契約している勤務先は派遣先なのか、派遣会社なのかというのはすぐにわかってしまいます。
バレてしまったから、じゃあ、派遣会社に変更します、というわけにはいきません。申し込みの段階で、不正や誤魔化しがあると、信用情報期間に履歴が残ってしまい、審査に落ちるどころか、次に別の金融機関に申込むことすらできなくなってしまいます。

派遣社員の方の場合、在籍確認の電話連絡はどこにかかってくるのでしょうか?
消費者金融に申込みした際に、記入した派遣会社が勤務先なので、当然そちらにかかってきますが、毎日派遣先に出勤し、電話対応もされる方なら、もしかしたら迷うかもしれません。

ですが、申込時に記入した派遣会社に在籍確認の電話連絡はいきますが、本人が不在だとしても、派遣会社に登録されているということが確認できれば、審査は通ったことになります。

 

そもそも在籍確認というのは、消費者金融側が重要視している審査で、申込時に記入した勤務先で実際に働いているかを確かめるためのものです。